自死遺族として生きる

人生は修行かな。

研修旅行

昨年度、私がリーダーとなって行動した事例が評価され
年末に表彰された。
賞金が少しと、今年の四月~五月くらいに三泊四日の研修旅行が副賞。
去年は金沢周辺だったけど今年度はどこになるのかな。


転職してまだ六年目。
勤続何十年の方達を飛び越えての快挙。やったね。


私はサービス業より製造業に向いていたかも。


親会社の業績貢献にもエントリーされた。
入賞すれば四月の入社式、東京で表彰される。


息子達の学費稼ぎに必死になって働いた結果が出た。
でも、肝心の息子は今はもう、いない。。。あ~あ。


私自身、二十二歳で社会に出てから
生涯ずっと働くと決めていた。
あれから何十年。。。


そろそろ夕食つくり。
今日は奮発してアンコウ鍋‼


アンコウ鍋とは。。アンコウというお魚の鍋。とっても高いお魚ですが美味。






何気ない言葉に傷つく

ふと思い出してしまった。


息子が亡くなって、しばらくしてから。


義父が言った言葉。


「二年生で良かった。」


はぁ???


「五年生、六年生、研修医になって死なれるよりは、早くて。。。」


 怒  ‼ ‼ ‼


わかってます。
本心から言っているのではないこと。


それでも、言っていい事、悪い事がある。
義父の心の中だけでとどめていて欲しかった。


息子には一分、一秒でも長く生きて欲しかった。
代われるものなら私の命をあげたかった。


息子を産む時、医療ミスがあったから
あの時私が息子と一緒に亡くなれば良かったですね。


と、義父に心の中で言い返した。


悪気のない何気ない言葉に傷つく。
それをまだ引きずっている。
これからも、ずっと。


立ち直れるはずがない。
立ち直ろうとも思わない。
だって、立ち直れないから。


息子の死という重い十字架を背負って
生きて行かなくてはならない。


それはそれは辛い。
早く終わりにしたい。


ちょっと、疲れたな。
いや、だいぶ疲れた。


もう、いやだ。





体調不良

年末年始ダラダラした生活から
一気に仕事モードにシフトしきれず
体調不良。。。
朝、腹痛でトイレから出られず。
身体が出社拒否してる?
IBS再発?


IBS・・・過敏性腸症候群のことです。
五年前くらいに発症した。
激やせして、やつれた。
下痢が酷く、食事するとまた下痢するのではないかと
食べるのが怖かった。


なんとか、回復したがストレスが原因の病気。


息子に先に逝かれるのは
人生最大のストレスだよ。。。




今日は午後早退して充電。
やっと起きてこれから夕飯作り。


何を作ろうかな。
考えるのも億劫。


やれやれ。