自死遺族として生きる

人生は修行かな。

同窓会

今月初旬、何十年振りで大学の同窓会があった。
東京の大学だったから全国から学生が来ていた。
全国に散った同級生には滅多に会えない。
会いたい同級生がいたけど
今の私には出席する勇気はなかった。


ライン登録したのでアルバムが観られた。
卒業してから全く変わりない人
面影が残っている人
全く解らない人


男子は殆ど解らなかった。
卒業してもう30年以上。
解るはずないか。


皆オジサン、オバサンになっている。
これが現実なのね。


今年4月に東京で再会した子は3人の子供を産んだのに
全く変わらなかったのでびっくりした。
同窓会にも出席していた。


学生の頃の私はストレートのロングヘアだった。
今はベリーショートだから
髪型も全然違うし、会っても解らない人多いだろうなぁ。


輝いていた20代の学生の頃。


あれから30年。。。


まさか、こんな試練があるなんて。


同窓会って基本的に自分はまあまあ幸せだと
思っている人が参加出来ると思う。


私は今後、同窓会には参加出来ない。


なんだかなぁ~






実母と義母

昭和10年生まれの同い年。


実母とは殆ど連絡しないのだが(毒母の為私が病むので)
今月は実母の誕生月なので
商品券を贈った。
何で商品券かと言うと、物を送ったら
「こんなのいらない。」と言われたから。
現金が良いと言われたが←誕生日プレゼントに現金かよ。。。
私が汗水流して稼いだお金を
パチンコに使われるのが嫌だから。


ふと、思った。


義母は農家に生まれた。
二十歳でお見合いをして
農家に嫁いだ。
舅、姑、小姑の大所帯で
女中のように働きづめ。
二人目も女の子だった時
「また女か」と夫に言われたそうだ。男尊女卑の古い農村のためだ。
そして、年子で待望の男の子を産んだ。←私のオット


専業農家で重労働のため
腰は曲がり、やせ細り。
内孫の息子達が義母の生き甲斐だったと思う。
とても可愛がってくれたし幼かった息子達も義母が大好きだった。
次男が大学に行き家を出た頃から
義母は急激にボケ始めた。


ボケを受け入れられない舅としょっちゅう喧嘩し
エスカレートして流血事件までになり
今は一時的に施設に入所している。


実母は両親が教師。
子供が多く貧しかった為、手に職を得るのに
看護師になった。(人助けしたいとかそんな感情はない)
恋愛結婚で7男の父と結婚。
嫁姑の確執も知らず
高度成長期でサラリーマンの父の年収もどんどん上がった。
看護師なのに専業主婦。
兄と私が大学に行っていたころちょっとだけパートしてたみたいだけど。
今もすごく元気で
ひ孫まで産まれてとても幸せ。


義母は働きづめで、苦労に苦労を重ね、歳を取ったら認知症。
実母はなんの苦労もせず認知症にもならず我儘しほうだいで幸せ。


世の中、不条理だ。
そう思いながら、商品券の入った封筒をポストに入れた。










歯医者通院

虫歯ではないのです。

歯ぎしり。


歯ぎしりが酷く歯がすり減ってしまう。
寝る前はナイトガードを上顎につけて寝る。


先日ナイトガードをかみ砕いてしまい←どんだけの力なの?
新しく作り直し。


前回歯型取って今日新しいのが出来た。


歯石取って欲しいとお願いしたら
今日は出来ないと言われ。


歯医者って通いだしたら終わらない。。。


子供たちが幼い頃
私が真ん中で川の字で寝ていた。


長男も次男も歯ぎしりをしていた。
似て欲しくない所が似てしまう。。。。



私の母親は子供の面倒はみなかったので
幼稚園で虫歯になった。


私は息子達の歯が生えた時から
歯磨きをして歯磨きの大切さを教え
ふたりとも虫歯ゼロに育った。


長男24歳、未だに虫歯ゼロ。
次男も。。。


次男に会いたい。
寂しい。