自死遺族として生きる

人生は修行かな。

人酔い

元々、首都圏で育った。
大学は朝の満員電車に揺られながら
片道1時間半通学していた。


今は田舎の過疎地に住んでいる。
道路はすいているし、人も少ない。


たまに出張で首都圏に行くと
あまりの人の多さに人酔いする。


お盆の頃は涼しかったが
今週2回出張した時は物凄い暑さだった。
もう、それだけで体力消耗。。。
夜は熱帯夜でクーラーつけても眠れないし。


出張帰りに大学時代の友人に会いたかったけど
暑さに負けて速攻で帰宅した。


東京駅から総武線に乗り換えして座ったら
向かい側に男子高校生3人が座っていた。
高校名が入ったお揃いのシャツで部活に行くのかな。


真ん中の子が英語の勉強をしていた。
冊子をみたら、息子と同じ塾の名前。


息子も電車に乗車中に勉強していると言っていた。


息子に重なり合わせてしまう。。。。


その後は目を閉じていた。


去年の今頃の息子は、大学の友人と海釣りをして
小ぶりのアジ、サバを大量に釣って喜んで写真をアップしていた。


まさかその数日後に亡くなるとは
誰も想像つかないよね。。。