自死遺族として生きる

人生は修行かな。

命がけで

息子を命がけで産んだ。


それから夢中で育てた。
この子達の為なら
私の命は惜しくない。


子育ても終了かなと思っていた矢先
突然逝ってしまった息子。


その時私も半分死んだ。


生きている息子より
亡くなった息子が気になる。


息子に会いたい。
ただそれだけ。


虚しい人生はもういらない。。。