自死遺族として生きる

人生は修行かな。

地雷

明日は出張なので今日スーパーに買い物に行った。
最近知り合いに会わないので油断していたら。。。


スーパーに入るなり
「あら、久しぶり~」


前職の事務員さんにバッタリ会ってしまった。
花粉症でマスク、眼鏡をしていたが、バレた。


「息子さん達、元気?まだ学生?」


一瞬顔が引きつる。マスクしていて良かった。


「もう、就職したの。」


「あら、ふたりとも?」


「そうなの。家にはいないの。」


「ご主人とふたりで楽でしょ~。うちは娘がしょっちゅう家に来て・・・」


娘か。嫁いでも母親に会う娘この頃多いらしい。
私は娘がいないのでわからないけど。


単なる知り合いに家庭の事情を話す必要はない。


以前なら世間話で子供の事をいろいろ話した。
今はそれが出来ない。
まさか、息子が19歳で亡くなったなんて言えないし
言いたくもない。
今でもその事実を受け入れられないし
ずっと苦しい気持ちは続く。


そのうえ、他人にも気を使う。
相手は何気ない会話をしているだけなんだけど。


久しぶりに地雷を踏んで凹んだ。
何でこんな思いをしなければならないのか。
理不尽だ。。。。


追伸


長男はブラック企業を辞めると言ったが
結局転勤になった。
来月20日には家を出る。
寂しい。。。