自死遺族として生きる

人生は修行かな。

長男転勤

次男が亡くなった時、長男は大学4年生だった。


就職先は東京を希望していた。
だが、次男が亡くなり、長男は地元に就職した。
東京に行っても良いんだよと言ったが長男は自分で決めた。


私の推測だが、私の精神状態が不安定だったこと
子供は自分ひとりになってしまったこと
彼なりに色々考えたのだろう。


一度、大学生で家を出た。
4年振りに家に戻って社会人生活がスタート。


社食などない小さな会社なので
私は毎日お弁当を作った。
夕飯も若者が好きなお肉中心の食事を用意した。


転勤はあるが、3年くらいはしないだろうと
勝手に思っていたら・・・・


1年目で転勤・・・


今日、布団と服だけ車に乗せて仕事。
明日、必要なものを持たせる。


ブラック企業なので引っ越し休暇もなし。
社宅があるのだが詳しい説明もしてくれないと言う。


寂しいよ~


来月の連休は帰って来るの?と聞いたら
友達と遊びに行くって。


1年も自宅通勤したからもう良いでしょと言われた。


とっくに親離れしている長男。
いつまでも子離れ出来ない母親。


そして、次男の死から立ち直れない母親。


私はダメダメな母親。
でも、息子達がこの世で一番好き。
私のところに産まれてきて、ありがとう。