自死遺族として生きる

人生は修行かな。

寒すぎ

東北の寒村に住んでいる。
年末になって寒さが増してきた。


28日仕事納め
29日近所葬式の手伝い
そして今日、朝起きたら物凄い寒さ。。。


大掃除?
パス。。。
普段の掃除だけした。


昨日の葬式の手伝いの疲れが抜けない。
旧習深い地域なので一家にふたりの手伝い。
男性は受付
女性はお茶出し
朝の6時半から午後3時まで。


最近やっと斎場で行うようになったが
ちょっと前まで自宅だった。
料理も手作りで大変だった。
おふかしの番の人はほぼ徹夜。


町の人口は減り続け
老人ばかりが残り
若者は都会へ就職。


まあ、地方はどこもそうらしいけど。
ここは限界集落だ。


息子のいない年越し。
寂しい。
お正月もおめでたくもなんともない。


心も寒い。