自死遺族として生きる

人生は修行かな。

誰も悪くない。

ブログを始めるのは早すぎたかもしれない。
息子が亡くなってまだ日も浅い。
詳しいことは今は書けない。


息子が亡くなって
生きる希望もなくなり
絶望感、虚しさ、悲しみ・・・・
苦しいことを言えない辛さ。


ここに辿り着いて
同じ境遇の方のブログを読んで
悲しいのは自分だけではない、と思った。


皆、生きるのに精一杯なんだ。


息子が亡くなっても
生きているからには生活がある。


明日から仕事。
会社では不思議と涙は出ない。


今日、思った。
息子が亡くなったのは誰のせいでもない。
誰も悪くない。
自分を責めても
息子を責めても、仕方ない。


息子の寿命だったのだ。


でも、ちょっと早いね。
まだ19年しか生きてなかったね。


お母さん、寝る前に
あなたの冥福を祈っているよ。
だから安心してね。