自死遺族として生きる

人生は修行かな。

生きていることが奇跡

今の世の中、便利になったが
その分、リスクも高くなったと思う。


飛行機、船、電車、車。
皆さん普通に乗っているが。


私は毎日車で通勤しているが
いつ、事故に遭うか解らない。
実際、数年前過労で居眠り運転をしてしまい
センターラインオーバーをして
縁石にぶつかり目が覚めた。
対向車が来ていたら。。。。
歩行者がいたら。。。。


ぞっとした。
だからそれ以降、運転には細心の注意をしている。
しかし、こちらが注意していても
向こうから来たら終わりだ。


息子のお産の時も医療ミスで
死ぬところだった。


何度も死の場面にあったが
たまたま生き延びて、今がある。


命がけで産んだ息子も
ストレス社会で自死してしまったし。


生と死は隣り合わせ。
何気なく生きているが
生きていること自体が奇跡だと思う。
息子を亡くしてから、そう感じる。


ただ普通に生きていることが
どれだけ素晴らしいことなのか。


呑気で終わる予定だった私の人生
後半で激変。


とりあえず、明日からまた長い一週間が始まる。


はぁ~。。。。
溜息しか出てこない。。。。