自死遺族として生きる

人生は修行かな。

定年退職したら。

私の社会人生活30年あまり。
その殆どが医療業界だった。
今は製造業に勤めて5年になるが。


だから、定年になったら医療関係のボランティアをしようかなぁと
思っていた。病院の受付で解らないお年寄りを案内するとか。


だが、昨年息子が亡くなってから考えが変わってきた。


自死遺族になってとても辛い。
ここでしか本音が言えない。


先日のブログに書いたが
田中さんという方が自死遺族を支援している。
私は彼女に電話して話をして救われた。
電話で話す、と言うことは
ブログよりも救われる。


定年後は自死遺族のボランティアをしていきたいと思った。
同じ苦しみを経験した者しか理解出来ない。
同じ悲しみに暮れた人たちに何かしたい。


連休後の怒涛のような一週間を乗り越え
土日は泥のように寝た。
今、ようやく充電完了。


体力ないからなぁ。
定年後、ボランティア出来るかな。


自分なりに無理しない程度に
ボランティアしたいな。


今は生活の為生きて行くのが精一杯なんだけど。
いつか、そんな日がくるのだろうか。