自死遺族として生きる

人生は修行かな。

長男の涙

去年の昨日、家族揃ってバーベキューをした。
今年の昨日、次男のいないバーベキューをした。
私は去年のことを思い出すから、そんな気分ではなかったのだが
夫がバーベキューをするぞと言ったので仕方なく。。。


長男は随分ビールを飲んで酔っていた。
それなのに、寝る前にウイスキーの瓶を開けている。
また飲むの?と聞いたら
「○○と飲む。」←次男のこと


グラスに氷を入れてロックで。
次男の仏壇には大好きだった缶チューハイが沢山。


提灯だけの明かりの中
長男は静かに飲んでいた。


ふと、仏間を覗いたら長男は涙を流していた。


ふたりだけの兄弟だったが
あまり仲は良くなかった。
思春期になると殆ど口を利かなかった。


だが、次男が唯一助けを求めたのが長男だった。
「俺、死ぬかもしれない。。。」


と、お兄ちゃんに打ち明けたのだ。
それから一年後に逝ってしまった。


長男は、自分に助けを求めていたのに
弟を助けられなかったと自分を責めた。
次男が亡くなった時凄く泣いていたが
その後は涙を見せなかった。


久しぶりに見てしまった長男の涙。


22歳で辛い体験をしてしまったね。
弟を許してね。