自死遺族として生きる

人生は修行かな。

待つ事が苦手

私は心の狭い人間なので
「待つ」ことが苦手。


日本人は整然と行列を作り待つことは平気みたいだが
私はダメだな。
スーパーのレジに並ぶことも苦痛。
最近はセルフレジが出来たので会計はさっさと済ます。


某夢の国ランドの待ち時間。
子供が小さい頃は仕方なく並んだけど
2時間待ち、なんてめまいがした。


道路の渋滞もイライラする。


美容院を変えた時。
予約制なのに30分待たされた。


その美容院では客が帰るまで次の客は案内しない。
カットが終わって会計が終わっても
おしゃべり好きな客は帰ろうとしない。
ようやく帰って客をお見送りして
「お待たせしました。」


職場で評判の良い美容院を紹介されたけど
待てない私には合わない。


結局、次からカット専門激安美容院にした。
10分で終わるし予約なしでもあまり待たない。


美容院に癒しを求める客は多いが
仕事でずっと座っているので
ずっと座っているのが苦痛だから私は美容院に癒しは求めない。


美容師とおしゃべりもしたくないし。


美容師も大変だ。
客のくだらない話を聞かなくてはならない。


今週はモーレツに忙しくて
昨日は朝からだるかった。
もうヘトヘトだ。。。。
工場カレンダーは月曜日出勤なのよね。


「待つ」事が苦手な私に
とてつもなく長い時間かもしれない待ち時間を
与えられてしまった。


息子に会えるまで。
いつまて待たなければならないのだろう。


もしかして明日かもしれない。
誰にも解らない。


ただ、待つ。
それしかない。






毒母

私の実母は毒母。
物心ついたころから
心理的、身体的虐待の毎日だった。


高度成長期の時代。
父はモーレツサラリーマン。
母は助産師。
兄が産まれて共働きだったが
私を妊娠して母は仕事を辞めた。


ワンオペ育児でストレスが溜まっていたのか
母はいつも不機嫌だった。
理由も解らず殴る蹴るの毎日。
二つ年上の兄はそのストレスを私に向けた。


母と兄からの虐待の日々。
子供だったので逃げ場がなく辛かった。


妹が生まれたが障害があったので
妹は母の虐待から逃れられた。
母は妹を溺愛し私を疎んだ。


それは中学生まで続いた。


母は私を自分の所有物と思っていた。
自分が行きたくても行けなかった高校に
私を入れた。


大学までエスカレーターの私立の女子高。
先輩を「お姉さま」と呼ぶ校風に合わなかった。
吐き気がした。


一日も早く高校を卒業したかった。
そして、無試験で行ける系列の大学には行かず
別の大学へ進学した。


大学を卒業して社会人になった。
まだ22歳。


母は恋愛結婚だったので
見合い結婚に興味があったらしく
自分の結婚のように相手を探し
私に見合いをさせた。


見合いで私は相手の男性から
ことごとく、断られた。
いや、自分も内心断ったけど。。。


結婚を諦めかけた頃、夫と出会った。
2年間付き合い、この人だったら
幸せになれるかもと思った。


すぐに妊娠して不安になった。
産まれてくる子供を虐待してしまうのではないか。。。
なんとしても、それは避けたかった。


母は実兄から虐待されたと言っていた。
虐待は連鎖する。
私の代で止めなくては。


幸い、息子達は素直に育ってくれた。
もう、子育て終了かなと思っていた矢先
次男が自死してしまった。


そして私は奈落の底に突き落とされた。


息子の葬儀の時、号泣している父の隣で
涙ひとつ流さない母を見て、愕然とした。


母は異常人格者だ。
自分がすべて正しくて
相手の話は聞かない。
当然、友人はひとりもいないが
それでも平気。
パチンコ依存症歴30年。
家が建つ程お金をつぎ込んだ。


今82歳。
相変わらずパチンコ依存症。
そして歳の割には物凄く元気。


自分の体半分、母の血が流れていると思うと怖い。
母おかげで私の人生は随分捻じ曲げられた。


もう一度、人生をやり直せたら。
そんなこと出来ないけど。


自分自身を否定してしまう。
アダルトチルドレン。
まだその呪縛から逃れられない。


息子よ。許しておくれ。
こんな母親だけど
君のことはとても愛していた。
君のためなら命も惜しくない。


でも君は逝ってしまった。
私の魂は抜け殻になった。


それでも、生きて行く。
ここで弱音を吐いて
リアルの生活は充実し過ぎるほどだよ。


明日からまたハードな一週間が始まる。。。



指導死

新聞を読んでいた。
続けて「指導死」の記事があった。


1件目・・・男子高校生が部活の顧問に人格を否定されるほど怒られ亡くなる。
2件目・・・男子中学生が担任教師に夏休みの課題を提出しなかったことや
      進路について指導後亡くなる。


2件の指導者は以前から行き過ぎた指導が問題となっていた。


男子中学生は始業式の3日に亡くなった。
息子と同じ日だ。
親御さんはどんなにか、辛いだろう。


息子も部活の先輩にいじめられたことが原因のひとつだった。
許せない。
大学側はその学生に会わせてくれず加害者を守っている。
世の中、弱い立場に冷たい。


なんでなのかなぁ。。。